« RZ250R &チタンクロスチャンバー ZERO2クラス 2位入賞!!! 「テイスト・オブ・ツクバ 神楽月の陣」 | トップページ | 寒くなってきました。メンテナンス計画を立てましょう!! (^・^) »

2019年12月 1日 (日)

RZ/RZR R1-Z SDR200 チタンチャンバーについて私が思うこと!!

  人気ブログランキング参加中 クリックしてね  

 

WORLD GP 最高峰クラス「GP500」

当時のレースを知る「ヤマハ技術者」の方や、チタンチャンバーを経験するトップライダーの方にチタンチャンバーについてお聞きする機会がありました。

やはりチタン材による効果が大きく、軽さばかり注目されますがチタン材が持つ鋼材の特徴。

「熱」「反射波」などなど??

私では理解できないところで大きな力(性能)を発揮しているようです。

凄いです「チタン」!!!!

Img_9733

20191101-144108

 

 

それでは同じ錆びない「ステンレス」では???

というご質問を最近受けますが、ステンレスはチタンに比べて重いです。

ステンレスでの寸法を突き詰めれば同等の性能もしくはまた違った優位性があるかもしれません。

しっかり開発・製作・追及・比較しないことにはチャンバーとして優位性を決定することは難しいと私は考えます。

  

しかし、チタン特有の「軽さ」は同じ作りをして、ステンレス・スチールの約半分の重量。

TOSH-TEC チタンクロスチャンバーはボディ970g チタンカーボンショートサイレンサー350g 1本あたり 約1.3kg 1セット 2.6kg

とんでもない軽さです。

これはバイクの走行性能バネ下重量について大きな優位性を持ちます。

スチール・ステンレス・チタンを比較しての大きな違いの一つです。

 

そして、美しさ。

20191101-144113

青く色づく特徴。

完成したチタンチャンバーにレースでの全開走行からくる熱が入り、エキパイに焼け色が広がります。

走行を重ねるたびに、青く焼けてきます。

走行を重ねるたびに、幻想的な深い青色へと!!!

 

GP125、GP250、YZR500 ファクトリーが使用していたチャンバーはカウルに包まれていてその青い焼け色は深く美しく!!

鋼材の固さからくる震度耐久性の弱さなどクラックによる対策などで、チャンバー寿命は短かったと聞きました。

それでも、この計り知れないパワーの源元となる「チタン材」

美しさと、2ストロークエンジンの性能を決めてしまう「チャンバー」という造形物に深い魅力を感じます。

しかし、製作する職人さんが言うには、溶接ビートに青い色が出ては「ダメ」だと。

青くなるのは「酸化」している証拠。性能ダウンに結び付く!! ようです。

四輪レースの世界では青色が出てしまうとNGを出されてしまうと聞きました。

 

硬いチタンの板材を真円に丸め、性能の決め手となる裏ビートを出しながらきれいに溶接をする。

溶接ガスの容量もかなり必要となり、チタンはコストと難しさゆえの経験値が必要となります。

どのようなチャンバーでも職人さんによる熟練の腕が「性能」「美しさ」の良し悪しを決めるのです。

 

最近、チャンバー職人さんが減ってきてしまいました。

経験値を必要とする職人さんがいなくなってしまうんです。

現在の日本では職人さんを求める仕事が激減しているのかもしれません。

技術の継承が行われず、その技術は求められず認められず・・・・

無くなっていってしまうのでしょう。 寂しいことです。

74964068_989195918111112_673398137115849

TOSH-TECでもチャンバーを作ることが年々難しくなってきました。

 

また、サイレンサーもしかり。

2ストローク車が販売されなくなり、必要とされていた材料の入手が困難になりつつあります。

20191101-144952

しかし、TOSH-TECチタンチャンバーまたスチールチャンバーをご要望いただける方たちのために

頑張りたいと思っています。

コストに響いてくることが多々ありますが、それでも小ロットのものを製作していただけるだけで幸せな事かもしれません。

 

令和という時代にはいり、どこまでRZ/RZRユーザーの方たちがいらっしゃるのかわかりませんが、

「いつかはTOSH-TECチャンバー」と言ってくださった方たちのために、作り続けられるように努力したいと思っています。

0795

2016_05290035

2

2280_1

1498025146236

 

価格以上の満足を味わっていただくために・・・・

 

 

・・・・

そして、私は・・・TOSH-TEC RZV500R Racer に チタンチャンバーを作ってみたい!!!!


職人さんと私の二人で作り上げた現在のワンオフスチールチャンバーの寸法をチタン材用に変更し取回しを再度検討し

バンク角を確保したチャンバー。

走行比較してどんなパワーアップをしてくれるのか???

その、パワーフィール!! 

味わってみたいものです(*^。^*)

 

と、興味津々な私ですが、製作費が最低で70~100万(開発費含め)かかりそうなので、

夢ですね。

 

Img_8474

 Img_2739a

_03

 

夢はいつまでも持ち続けたいと思ってます。

 

商品についてのお問い合わせは下記メールまで。

tosh-tec@saturn.dti.ne.jp

 

Banner_03_1 人気ブログランキング参加中 クリックしてね 

#YAMAHA #YZF-R25 HONDA CBR250R KAWASAKI Ninja250 #テイスト・オブ・ツクバ #TZR #1KT #2XT #RZ #RZR #RZ350 #RZ350R #RZ250 #RZ250R #RZ250RR #RZV #RZV500 #4L3 #4U0 #29L #51L #チャンバー #R1-Z #3XC  #チタンチャンバー #スプロケット #520コンバートKIT #タイヤウォーマー

|

« RZ250R &チタンクロスチャンバー ZERO2クラス 2位入賞!!! 「テイスト・オブ・ツクバ 神楽月の陣」 | トップページ | 寒くなってきました。メンテナンス計画を立てましょう!! (^・^) »

サンデーレース」カテゴリの記事

SDR200」カテゴリの記事

テイスト・オブ・ツクバ」カテゴリの記事

RZ/RZRチタンクロスチャンバー」カテゴリの記事

R1-Zチタンチャンバー」カテゴリの記事

RZV500R」カテゴリの記事

コメント

グリさん
コメントありがとうございます。
素敵な2ストををお持ちですね。
 
TZも走らせられると面白いですよね。

いつか、RZ350R、RZV500R、TZ250、RZ350街乗りを一堂に動かしてみたいです。

煙もくもくで、大変なことになりそうです。

お会いできる機会があったらうれしいですね。

投稿: assy | 2019年12月 2日 (月) 03時52分

何時も楽しく拝見しています。
SL230の街乗りバイク以外は、CR、TZ、R1-Zと、2ストばかり所有していますが、最近はコースに行っても2ストが少なくって寂しいですね。
2ストの部品は、海外のサイトで探す日々です。
これからも頑張って下さいね。

投稿: グリ | 2019年12月 1日 (日) 14時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« RZ250R &チタンクロスチャンバー ZERO2クラス 2位入賞!!! 「テイスト・オブ・ツクバ 神楽月の陣」 | トップページ | 寒くなってきました。メンテナンス計画を立てましょう!! (^・^) »