« うれしいご報告 もてぎ7時間耐久 スパーダ250 | トップページ | TZR250RS 花嫁修業です(#^.^#) »

2009年8月25日 (火)

チーム「NAPA&ウタシロ+ワンメイク」&VT250スパーダTAMA SPEED MUFF

またまた、もてぎ7時間耐久についてうれしいご報告いただきました(●^o^●)

 

実は筑波ツーリストで「山下 祐」選手にお会いした時

P1110720

VT250スパーダのマシンセットアップの方向性、マフラーの感想などなど

詳細お教えいただき、さらに後日「もて耐」に対してマフラーちょいモディファイのリクエストをいただきました

 

レースに対して、ライダーの求めるパワーフィールを実現するべく「TAMA SPEED」総師

リクエストにお答えしてモディファイ・・・そのインプレッションが待ち遠しかった模様 

 

現在受注販売している仕様はダイノで性能を確認・実践テストしてのものです

しかし、ライディング・マシン、そして今回のように耐久orスプリントetc

商品化するうえでは誰もが安定して速く走れるように・・・とつくっております

そして、一番大切なのは実践でのライダーインプレッション 

いっぱいいっぱい欲しい~~~です!!!!!

 

今日、いただきましたインプレッション!!!!

 

ありがとうございま~す<m(__)m>

 

3small

 

2small

 

1small

 

以下、引用させていただきます<m(__)m>

山下 祐 選手

マフラーモデファイコメント

・従来比でシフトアップの回転数が13,000から13,500にアップできた。

・引っ張りきった時は14,200程度までストレスなく回り、前車追い抜きに非常に

有効であった。

・決勝では、予選時と比べてタイヤが変わったことと、キャブセットが違うこと

から確信は持てないが、やや低速の力がなく、立ち上がりでの加速が鈍かった。

8,00011,000までのトルク)

・音量が厳しいのは既に報告の通り。

・当初ストレートでは負ける気がしないくらい速かったが、レース終盤でエンジ

ンがタレた状態の時、6位に入った23号車を抜く際にヘアピン立ち上がりからヨ

ーイドンでストレート後半の下りに入ってからやっと抜くことができ、エンジン

のタレ幅が大きかった。このことからもトルク型と言うよりも回転型のエンジン

(マフラー)だったと言える。

・決勝の長丁場を考えると、回転のリミットは低いもののトルクのある従来タイ

プのマフラーでもよかったかも?

ペアライダー A 選手 コメント

 

予選時に装着した「TAMA SPEED」スタンダードマフラーは13500回転ぐらいで頭打ちがあり、無理に回してもパワー感が無かったのに対し、新しいタイプは13000回転あたりからのレスポンスが良く、14000回転まで一気に吹け上がります。

トルク自体はフラットで、スタンダードとの違いは感じませんでした。

ですからスタンダードの早め早めのシフトアップより、引っ張ってパワーを出す方が合っているように感じました。

決勝用のエンジンは強力で、ストレートの速度はトップクラスだったと思います。

これを武器に安全に他車をパスすることができました。

 

大切なコメント!! 

今後の商品に生かしていきます<m(__)m>

 

受注生産が故、ご希望の仕様 私 assyにお伝えくださいませ(^v^)

お一人お一人、よりよいものをご提供できるように、努力していきます

お問い合わせ TEL/FAX 0538-38-4570 メール tosh-tec@saturn.dti.ne.jp

Banner_03_1 人気ブログランキング参加中 クリックしてね 

 

|

« うれしいご報告 もてぎ7時間耐久 スパーダ250 | トップページ | TZR250RS 花嫁修業です(#^.^#) »

TAMA SPEED」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« うれしいご報告 もてぎ7時間耐久 スパーダ250 | トップページ | TZR250RS 花嫁修業です(#^.^#) »